新井英樹「ザ・ワールド・イズ・マイン」

この作品は間違いなく20世紀最後の問題作である。『宮本から君へ』や本作品の主人公達など新井英樹氏が描くキャラクター達は決して共感できる人物ではない。共感を強要しない作者は現実を直視し表現していく。その現実とはある意味で現実として表現する事を禁じられた現実でもある。真実ではない事実、それが現実である。登場人物のセリフの一つ一つに避けることの出来ない現実がある。おきまりの理想やたてまえを抜きにした、本当の現実がある。この漫画は誰にでも薦められる作品ではありません。だから、真剣に読んでもらえる読者だけに薦めたい。(2000年5月14日「漫画の館」より)

ザ・ワールド・イズ・マイン 第1巻
小学館 ヤングサンデーコミックス
1巻1997年7月5日初版発行 全14巻



広告

werdna について

初めましてwerdna(ワードナ)です。漫画作品や漫画本との出会いや思い出、読んで感じた事など書いております。2000~2009年まで「漫画の館」「丸尾マニア」などのサイトを公開していましたが、2010年に閉鎖しました。以前サイトに掲載していた漫画の感想などもブログに更新しようと思います。作品の紹介や論評になっていないものばかりで、作品を知らない方には意味不明な文章になっていると思いますが読んで頂けたら幸いです。
カテゴリー: 新井英樹 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中