竹宮恵子「地球へ・・・」

子供の頃『マンガ少年』に掲載されていたこの作品を夢中になって読みました。いま再び読み返すと何故か日本の社会が脳裏に浮かんでしまいます。組織化された社会では個人は歯車としてその役割を求められ、ゆえに特異な存在と認められている者を重んじず、陥れます。日本は異端を許さない国なのでしょうか。組織からはじかれたジョミー、抗うシロエ、苦悩するキース、誰もが異端者です。そして当時の漫画界の異端児と言えば紛れもなく竹宮恵子さんであった気がします。でも世界を変革し導くのも異端者なのです。(2000年7月26日「漫画の館」より)

地球へ・・・ 第1巻
朝日ソノラマ 月刊マンガ少年別冊
総集編第1・2部1980年6月25日発行 全3巻



広告

werdna について

初めましてwerdna(ワードナ)です。漫画作品や漫画本との出会いや思い出、読んで感じた事など書いております。2000~2009年まで「漫画の館」「丸尾マニア」などのサイトを公開していましたが、2010年に閉鎖しました。以前サイトに掲載していた漫画の感想などもブログに更新しようと思います。作品の紹介や論評になっていないものばかりで、作品を知らない方には意味不明な文章になっていると思いますが読んで頂けたら幸いです。
カテゴリー: 竹宮恵子 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中