山田章博「人魚變生」

本を開いた瞬間に魔法にかかります。時間がゆったり流れているような感じになります。煩わしい日常から一歩離れ、時計を気にせずたたずんでいるような感じです。この本に限らず山田さんの初期短編作品から感じられるのは静けさです。物語も絵も全く雑然としていない、美しく妖しい黒と白の世界です。(2000年5月13日「漫画の館」より)

人魚變生
東京三世社 マイコミックス
1982年5月10日初版発行



<収録作品>
人魚變生

  • 人魚變生
  • 魔法使いの弟子
  • 素描集 みづは
  • まきゃあじゅ
  • 天空人讃揚
  • マヌカン
  • (作品解説)水仙の便り/山科玲児
  • 影夫人異聞
  • バレエの計画
  • ぱだんぱだん
  • (Q&A)真面か冗句か
  • (山田章博全調書)
  • (作品後記)晩春の古都より
  • (作品解説)囈語/南條竹則

広告

werdna について

初めましてwerdna(ワードナ)です。漫画作品や漫画本との出会いや思い出、読んで感じた事など書いております。2000~2009年まで「漫画の館」「丸尾マニア」などのサイトを公開していましたが、2010年に閉鎖しました。以前サイトに掲載していた漫画の感想などもブログに更新しようと思います。作品の紹介や論評になっていないものばかりで、作品を知らない方には意味不明な文章になっていると思いますが読んで頂けたら幸いです。
カテゴリー: 山田章博 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中