風忍「バイオレンス&ピース」

物事には限度が有りますが、限度を超えたところに面白さがある事も多いです。このSF短編作品集の主人公達は皆、切羽詰まった状態に追いやられていますが、緊迫感を読者に共有させる事はありません。それが我々の世界と風忍さんの描く世界の境界なのかもしれません。ぶっ飛んだ話を繊細に描くアンバランスさに不思議な魅力を感じます。(2000年2月19日「風忍ファンサイト Kaze world」より)

バイオレンス&ピース
奇想天外社 奇想天外コミックス
1980年11月5日初版発行



<収録作品>
バイオレンス&ピース

  • 男は度胸
  • 心の内なる声を聞け!
  • 宇宙へ向かって飛び出せない
  • 絶滅者
  • 絶超高速の香織(原作:後藤俊夫)
  • ガバメントを持った少年

広告

werdna について

初めましてwerdna(ワードナ)です。漫画作品や漫画本との出会いや思い出、読んで感じた事など書いております。2000~2009年まで「漫画の館」「丸尾マニア」などのサイトを公開していましたが、2010年に閉鎖しました。以前サイトに掲載していた漫画の感想などもブログに更新しようと思います。作品の紹介や論評になっていないものばかりで、作品を知らない方には意味不明な文章になっていると思いますが読んで頂けたら幸いです。
カテゴリー: 風忍 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中