萩岩睦美「銀曜日のおとぎばなし」

泣きたい時は読めば良い。小人の少女・ポーのお話は悲しいのではなく、涙が出るほど優しいのです。文字や言葉や映像などで「人を信じる心」や「気持ちを一つにする事」の大切さを語られても素直に受け止められない事があります。しかし萩岩睦美さんの描く可愛らしい絵の漫画を読むと『心がやわらかくなって』素直な気持ちになれます。

銀曜日のおとぎばなし 第1巻
集英社 りぼんマスコットコミックス
1983年10月19日初版発行 全6巻



広告

werdna について

初めましてwerdna(ワードナ)です。漫画作品や漫画本との出会いや思い出、読んで感じた事など書いております。2000~2009年まで「漫画の館」「丸尾マニア」などのサイトを公開していましたが、2010年に閉鎖しました。以前サイトに掲載していた漫画の感想などもブログに更新しようと思います。作品の紹介や論評になっていないものばかりで、作品を知らない方には意味不明な文章になっていると思いますが読んで頂けたら幸いです。
カテゴリー: 萩岩睦美 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中