つげ義春「無能の人」

『無能の人』の主人公と同じ状態になったら、家族と共に生きていく事が出来るだろうか。私は問題が起きるといつも独りになる事を選んでしまいます。落ちぶれてしまえば家族と暮らす自信も勇気も無くなります。そう考えると家族との繋がりを放棄しない主人公は無能であっても無用な人ではないのです。だけど、そんな主人公の話より『鳥師』や『蒸発』と言った話が好きなのです。きっと私は大馬鹿ものなのでしょう。頁一杯に描かれた鳥師が飛び立つ姿や霞の中の風景を見ていると何故か心が震えてしまいます。(2000年2月29日「漫画の館」より)

  • 追伸-能力が発揮できなければ無用とされる社会の中で、家族には必要とされたいと願います。しかし家族との繋がりすら見つけられないと、自分は誰とも何とも繋がっていないと感じてしまいます。絶望的な孤立感は人から生きる力を奪います。私たちはもっと声をあげるべきです。「夫よ、妻よ、子よ、両親よ、友よ、親愛なる身近な人々よ、私は貴方が必要です」

無能の人
日本文芸社
1987年7月10日初版発行



<他の版の書影>

つげ義春全集8巻 近所の景色・無能の人
つげ義春全集8巻 近所の景色・無能の人
1994年4月25日初版発行


<収録作品>
連作<石を売る>総集版 無能の人

  • 石を売る
  • 無能の人
  • 鳥師
  • 探石行
  • カメラを売る
  • 蒸発

つげ義春全集8巻 近所の景色・無能の人

  • 魚石
  • 近所の景色
  • 散歩の日々
  • ある無名作家
  • 石を売る
  • 無能の人
  • 鳥師
  • 探石行
  • カメラを売る
  • 蒸発

広告

werdna について

初めましてwerdna(ワードナ)です。漫画作品や漫画本との出会いや思い出、読んで感じた事など書いております。2000~2009年まで「漫画の館」「丸尾マニア」などのサイトを公開していましたが、2010年に閉鎖しました。以前サイトに掲載していた漫画の感想などもブログに更新しようと思います。作品の紹介や論評になっていないものばかりで、作品を知らない方には意味不明な文章になっていると思いますが読んで頂けたら幸いです。
カテゴリー: つげ義春 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中