坂口尚「星の動く音」

坂口尚さんのSF短編集です。『星の動く音』の主人公は生まれ育った星を離れ、亡くなった父の故郷である、雪の降る寒い星に降り立ちます。父と子の望郷の念が切々と伝わってきます。私も両親も雪が積もる土地で生まれ育ちましたが、今は暮らしていません。お互い寒い故郷に暮らすのは嫌だと思っています。でも喜んで食べるのは故郷の食べ物ばかりです。(2000年2月22日「漫画の館」より)

星の動く音
奇想天外社 奇想天外コミックス
1981年4月15日初版発行



<収録作品>
星の動く音

  • 星降る夜
  • 宝石狩り
  • 秘密
  • 遠いささやき
  • 祭りの日
  • 新世界
  • 星の動く音

広告

werdna について

初めましてwerdna(ワードナ)です。漫画作品や漫画本との出会いや思い出、読んで感じた事など書いております。2000~2009年まで「漫画の館」「丸尾マニア」などのサイトを公開していましたが、2010年に閉鎖しました。以前サイトに掲載していた漫画の感想などもブログに更新しようと思います。作品の紹介や論評になっていないものばかりで、作品を知らない方には意味不明な文章になっていると思いますが読んで頂けたら幸いです。
カテゴリー: 坂口尚 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中