道原かつみ「ノリ・メ・タンゲレ」

自分の意識を遺伝子的に近い過去の人物へ飛ばし、過去見聞ができてしまうと言う夢のあるSF作品です。「私は一体誰に乗り移る事が出来るかな?」「戻るなら昭和初期が良いな」など考えましたが、この本ではイエス・キリストの生きた時代を舞台にしています。未来人による歴史介入を阻止できても、現代社会における歴史の改ざんは阻止できないのでしょうか。

ノリ・メ・タンゲレ
徳間書店 アニメージュコミックス
1984年6月10日初版発行



広告

werdna について

初めましてwerdna(ワードナ)です。漫画作品や漫画本との出会いや思い出、読んで感じた事など書いております。2000~2009年まで「漫画の館」「丸尾マニア」などのサイトを公開していましたが、2010年に閉鎖しました。以前サイトに掲載していた漫画の感想などもブログに更新しようと思います。作品の紹介や論評になっていないものばかりで、作品を知らない方には意味不明な文章になっていると思いますが読んで頂けたら幸いです。
カテゴリー: 道原かつみ タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中