ますむら・ひろし「ヒデヨシ印の万華鏡」

箱の表紙を眺め、箱から本を出すと又、温かい表紙絵が私を迎えてくれる。表紙カバーを優しく外して本を読もうとすると、そこにも、さり気無く別のイラストが描かれている。ページをめくるとカラー口絵が「ようこそ」と言ってくれている気がする。素晴らしい作品だからこそ、素晴らしい本として読まれる権利を持つのだと深く思うのです。(2000年3月5日「漫画の館」より)

ヒデヨシ印の万華鏡
朝日ソノラマ A5判箱入り上製本カラー口絵入り
1979年8月15日初版発行



<箱の書影と収録作品>

ヒデヨシ印の万華鏡(ケース)


  • ヒデヨシ印の万華鏡
    • こちらはゴロニャオ・・・
    • ボデ腹のサンバ
    • 水晶箱のくねくね
    • 汗っかきかきかき氷
    • しゅるしゅるぱあん
    • 流れ星を呼ぶ男
    • 魚つりのサンバ
    • ぱるぱらん
    • 果てしなき水の旅
    • パロパロ島
    • ぽえぽえぱん
    • 左ききの楽園
    • イチゴ森の魚屋さん
    • 夕立ち森

広告

werdna について

初めましてwerdna(ワードナ)です。漫画作品や漫画本との出会いや思い出、読んで感じた事など書いております。2000~2009年まで「漫画の館」「丸尾マニア」などのサイトを公開していましたが、2010年に閉鎖しました。以前サイトに掲載していた漫画の感想などもブログに更新しようと思います。作品の紹介や論評になっていないものばかりで、作品を知らない方には意味不明な文章になっていると思いますが読んで頂けたら幸いです。
カテゴリー: ますむらひろし, ますむら・ひろし タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中