つげ義春「鬼面石」

醜い顔は人々に恐怖心を与えると言う理由で投獄され、理不尽に扱われる主人公の十万。救われない話の代表作です。顔が醜いのは十万を慰み者にする殿様も同じですが、十万は身分が低く、権力を持たず、財力もありません。戦国時代に限らず、人は何も無ければ生きる事すら許されないようです。(2000年2月29日「漫画の館」より)

鬼面石
青林堂
1972年3月20日初版発行



<他の版の書影>

つげ義春全集3巻 鬼面石・一刀両断
つげ義春全集3巻 鬼面石・一刀両断
1993年11月25日初版発行


<収録作品>
初期短編集 鬼面石 現代漫画家自選シリーズ8

  • 鬼面石
  • 目には目を・・・
  • 下町の唄
  • ねずみ
  • 右舷の窓
  • 行ったりきたり

つげ義春全集3巻 鬼面石・一刀両断

  • 盲刀
  • 鬼面石
  • 落武者
  • 忍びの城
  • 一刀両断

広告

werdna について

初めましてwerdna(ワードナ)です。漫画作品や漫画本との出会いや思い出、読んで感じた事など書いております。2000~2009年まで「漫画の館」「丸尾マニア」などのサイトを公開していましたが、2010年に閉鎖しました。以前サイトに掲載していた漫画の感想などもブログに更新しようと思います。作品の紹介や論評になっていないものばかりで、作品を知らない方には意味不明な文章になっていると思いますが読んで頂けたら幸いです。
カテゴリー: つげ義春 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中