手塚治虫「来るべき世界」

私が手塚作品で特に好きなキャラクターはロック・ホームです。『来るべき世界』では明るく正義感の強い少年として登場しますが、強制労働を強いられた後、独居房に監禁されて性格が一変します。歪んだロックの誕生です。その後に描かれた手塚作品では悪役として登場する事が多くなったロックですが、心に闇を持ったキャラクターを演じたのは『来るべき世界』が初めてだったような気がします。『ロック冒険記』『バンパイア』『アラバスター』でも最終的にロックは可哀そうな目にあって終わります。悲劇のヒーロ・ロックに栄光あれ。

来るべき世界 第1巻
講談社 手塚治虫漫画全集45~46
1巻1977年10月20日初版発行



<他の版の書影>

来るべき世界 第2巻
2巻1978年3月15日初版発行


広告

werdna について

初めましてwerdna(ワードナ)です。漫画作品や漫画本との出会いや思い出、読んで感じた事など書いております。2000~2009年まで「漫画の館」「丸尾マニア」などのサイトを公開していましたが、2010年に閉鎖しました。以前サイトに掲載していた漫画の感想などもブログに更新しようと思います。作品の紹介や論評になっていないものばかりで、作品を知らない方には意味不明な文章になっていると思いますが読んで頂けたら幸いです。
カテゴリー: 手塚治虫 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中