坂口尚「石の花」

坂口作品と言えば台詞の少ない短編作品が非常に魅力的です。しかし長編『石の花』の登場人物は多くを語っています。そして、その言葉の一つ一つが心に強く刻みこまれ、何度も問い掛けられている気持ちになります。私たちは戦争について真剣に考えた事があるだろうか。人間は本当に戦争を望んでいないのだろうか。現実を肯定する事に慣れ、疑問を持つ事に恐怖を感じているのではないか。この作品を読んで考えます。人は考える事を止めてはいけないのだと。(2000年2月22日「漫画の館」より)

石の花 第1巻
潮出版社 希望コミックス
1巻1984年10月15日初版発行



<他の巻の書影>

石の花 第2巻
2巻1985年3月1日初版発行

石の花 第3巻
3巻1985年11月15日初版発行

石の花 第4巻
4巻1986年4月30日初版発行

石の花 第5巻
5巻1986年8月1日初版発行

石の花 第6巻
6巻1986年10月25日初版発行


広告

werdna について

初めましてwerdna(ワードナ)です。漫画作品や漫画本との出会いや思い出、読んで感じた事など書いております。2000~2009年まで「漫画の館」「丸尾マニア」などのサイトを公開していましたが、2010年に閉鎖しました。以前サイトに掲載していた漫画の感想などもブログに更新しようと思います。作品の紹介や論評になっていないものばかりで、作品を知らない方には意味不明な文章になっていると思いますが読んで頂けたら幸いです。
カテゴリー: 坂口尚 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中