諸星大二郎「不安の立像」

特にお薦めしたい作品は表題作『不安の立像』と『袋の中』です。作中の影法師や袋の中のモノの正体は最後まで明らかに描かれていません。その為に己の内面にひっそりと隠しているもう一つの自分の姿なのではと不安な気持ちになるのです。哀れっぽさをまといながら残忍であり、他人の不幸を待ち望みながらも人に非難されないように生きている。そうではないと言い切れませんが、そうであると開き直る事もできません。(2000年5月12日「漫画の館」より)

不安の立像
創美社 ジャンプスーパーエース
1993年5月15日初版発行



<収録作品>
不安の立像

  • 不安の立像
  • 子供の遊び
  • 復讐クラブ
  • 海の中
  • ユニコーン狩り
  • 真夜中のプシケー
  • 袋の中
  • 会社の幽霊
  • 子供の王国

広告

werdna について

初めましてwerdna(ワードナ)です。漫画作品や漫画本との出会いや思い出、読んで感じた事など書いております。2000~2009年まで「漫画の館」「丸尾マニア」などのサイトを公開していましたが、2010年に閉鎖しました。以前サイトに掲載していた漫画の感想などもブログに更新しようと思います。作品の紹介や論評になっていないものばかりで、作品を知らない方には意味不明な文章になっていると思いますが読んで頂けたら幸いです。
カテゴリー: 諸星大二郎 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中