丸尾末広「丸尾画報Ⅰ・丸尾畫報EXⅠ」

カラー・モノクロ合わせて80点の丸尾末広画伯の麗しき画集です。もう眺めているだけでウットリしてしまいます。2005年に復刻された『丸尾画報EXⅠ』では新旧合わせて95点のイラストとデッサン画6点、更に漫画『色彩間苅豆』にエッセイが収録されております。(2005年7月1日「丸尾末広ファンサイト 丸尾マニア」より)

丸尾画報Ⅰ
丸尾画報Ⅰ
トレヴィル
1996年9月1日初版発行

丸尾畫報EXⅠ
丸尾畫報EXⅠ
エディシオン・トレヴィル
2005年6月30日初版発行



<収録作品(EX版を参照)>
丸尾画報Ⅰ&丸尾畫報EXⅠ
・往之巻(左開き)

  1. Naked City by john Zorn『torture garden』LP/CD用イラスト、1990年
  2. 演劇集団池の下、寺山修司作『身毒丸2000』ポスター、2000年
  3. 雑誌表紙、2005年
  4. 雑誌表紙、2005年
  5. ASSFORT『FREE PUNK CUSTOMIZE KIT 』CDジャケット用イラスト、2001年
  6. ASSFORT『FREE PUNK CUSTOMIZE KIT 』CDジャケット用イラスト、2001年
  7. 文藝別冊「総特集 団鬼六」(KAWADE夢ムック)2000年
  8. 演劇集団池の下、寺山修司作『大山デブ子の犯罪』ポスター、2004年
  9. 雑誌表紙、2005年
  10. 火坂雅志『京都呪殺』ブックカバー(講談社)1991年
  11. 『スターリン・トリュビュート・アルバム』CDジャケット用イラスト、2001年
  12. 演劇集団池の下、寺山修司作『邪宗門』ポスター、2005年
  13. メリー『個性派ブレンド~純情・情熱篇』CDジャケット用イラスト、2003年
  14. 岸田理生『水妖記』挿絵(角川文庫)1993年
  15. 岸田理生『水妖記』挿絵(角川文庫)1993年
  16. 岸田理生『水妖記』挿絵(角川文庫)1993年
  17. 岸田理生『水妖記』挿絵(角川文庫)1993年
  18. 岸田理生『水妖記』挿絵(角川文庫)1993年
  19. 火坂雅志『京都呪殺』挿絵(講談社)1991年
  20. 火坂雅志『京都呪殺』挿絵(講談社)1991年
  21. 火坂雅志『京都呪殺』挿絵(講談社)1991年
  22. 「保健室の吸血鬼」(『パラノイア・スター』河出書房)1985年
  23. 荒俣宏『えびす殺し』(徳間書店)1990年
  24. 戸川純『戸川純のユートピア』(廣済堂出版)1987年
  25. 「ダ・カーポ」マガジンハウス、1992年
  26. 菊地秀行「闇さまよう者」(「週間プレイボーイ」集英社)1995年
  27. 菊地秀行「闇さまよう者」(「週間プレイボーイ」集英社)1995年
  28. 菊地秀行「闇さまよう者」(「週間プレイボーイ」集英社)1995年
  29. 菊地秀行「闇さまよう者」(「週間プレイボーイ」集英社)1995年
  30. 菊地秀行「闇さまよう者」(「週間プレイボーイ」集英社)1995年
  31. 菊地秀行「闇さまよう者」(「週間プレイボーイ」集英社)1995年
  32. 菊地秀行「闇さまよう者」(「週間プレイボーイ」集英社)1995年
  33. 菊地秀行「闇さまよう者」(「週間プレイボーイ」集英社)1995年
  34. Naked City by john Zorn『torture garden』LP/CD用イラスト、1990年
  35. 稲垣足穂「電気の敵」イメージ・イラスト(「鳩よ!」マガジンハウス)1992年
  36. 1988年
  37. リトグラフ原画、1993年
  38. 新就職攻略システムParaDice(文化放送)1992年
  39. 後楽園お化け屋敷、麻呂赤児「パノラマ怪奇館」ポスター、1992年
  40. 「一太郎」ガイドブック、ブックカバー、1994年
  41. ゲームソフト『RANPO』ガイドブック、1995年
  42. 『ビデオスターリン』プロモーション・ビデオ、1988年
  43. 『ビデオスターリン』プロモーション・ビデオ、1988年
  44. 凶悪狂人団CD『合掌』ジャケット用イラスト、1992年
  45. 1989年
  46. 遠藤ミチロウ『アメユジュトテチテケンジャ』レコード付録(キングレコード)1986年
  47. 小説「JUNE」(サン出版)、東京グランギニョール「ワルプルギス」シナリオのトビラ絵、1986年
  48. 東京グランギニョール「マーキュロ」雑誌掲載時のトビラ絵、1986年
  49. 1984年
  50. 月刊「JUNE」(サン出版)1983年
  51. 1984年
  52. 『ビデオスターリン』プロモーション・ビデオ、1988年
  53. 1994年
  54. 福田善之作・演出『真田十勇士』ポスター、1988年
  55. TVタイトルバック用イラスト、2004年
  56. 荒俣宏「帝都物語1 神霊篇」表紙(カドカワノベルズ)1985年
  57. 荒俣宏「帝都物語2 魔都篇」表紙(カドカワノベルズ)1985年
  58. 荒俣宏「帝都物語1 神霊篇」口絵(カドカワノベルズ)1985年
  59. 荒俣宏「帝都物語1 神霊篇」口絵(カドカワノベルズ)1985年
  60. 荒俣宏「帝都物語2 魔都篇」口絵(カドカワノベルズ)1985年
  61. 荒俣宏「帝都物語2 魔都篇」口絵(カドカワノベルズ)1985年
  62. 荒俣宏「帝都物語2 魔都篇」口絵(カドカワノベルズ)1985年
  63. 荒俣宏「帝都物語1 神霊篇」挿絵(カドカワノベルズ)1985年
  64. 荒俣宏「帝都物語1 神霊篇」挿絵(カドカワノベルズ)1985年
  65. 荒俣宏「帝都物語1 神霊篇」挿絵(カドカワノベルズ)1985年
  66. 荒俣宏「帝都物語1 神霊篇」挿絵(カドカワノベルズ)1985年
  67. 荒俣宏「帝都物語1 神霊篇」挿絵(カドカワノベルズ)1985年
  68. 荒俣宏「帝都物語1 神霊篇」挿絵(カドカワノベルズ)1985年
  69. 荒俣宏「帝都物語1 神霊篇」挿絵(カドカワノベルズ)1985年
  70. 荒俣宏「帝都物語1 神霊篇」挿絵(カドカワノベルズ)1985年
  71. 荒俣宏「帝都物語1 神霊篇」挿絵(カドカワノベルズ)1985年
  72. 荒俣宏「帝都物語1 神霊篇」挿絵(カドカワノベルズ)1985年
  73. 荒俣宏「帝都物語1 神霊篇」挿絵(カドカワノベルズ)1985年
  74. 荒俣宏「帝都物語1 神霊篇」挿絵(カドカワノベルズ)1985年
  75. 荒俣宏「帝都物語1 神霊篇」挿絵(カドカワノベルズ)1985年
  76. 荒俣宏「帝都物語1 神霊篇」挿絵(カドカワノベルズ)1985年
  77. 荒俣宏「帝都物語1 神霊篇」挿絵(カドカワノベルズ)1985年
  78. 荒俣宏「帝都物語1 神霊篇」挿絵(カドカワノベルズ)1985年
  79. 荒俣宏「帝都物語2 魔都篇」挿絵(カドカワノベルズ)1985年
  80. 荒俣宏「帝都物語2 魔都篇」挿絵(カドカワノベルズ)1985年
  81. 荒俣宏「帝都物語2 魔都篇」挿絵(カドカワノベルズ)1985年
  82. 荒俣宏「帝都物語2 魔都篇」挿絵(カドカワノベルズ)1985年
  83. 荒俣宏「帝都物語2 魔都篇」挿絵(カドカワノベルズ)1985年
  84. 荒俣宏「帝都物語2 魔都篇」挿絵(カドカワノベルズ)1985年
  85. 荒俣宏「帝都物語2 魔都篇」挿絵(カドカワノベルズ)1985年
  86. 荒俣宏「帝都物語2 魔都篇」挿絵(カドカワノベルズ)1985年
  87. 荒俣宏「帝都物語2 魔都篇」挿絵(カドカワノベルズ)1985年
  88. 荒俣宏「帝都物語2 魔都篇」挿絵(カドカワノベルズ)1985年
  89. 荒俣宏「帝都物語2 魔都篇」挿絵(カドカワノベルズ)1985年
  90. 荒俣宏「帝都物語2 魔都篇」挿絵(カドカワノベルズ)1985年
  91. 荒俣宏「帝都物語2 魔都篇」挿絵(カドカワノベルズ)1985年
  92. 荒俣宏「帝都物語2 魔都篇」挿絵(カドカワノベルズ)1985年
  93. 荒俣宏「帝都物語2 魔都篇」挿絵(カドカワノベルズ)1985年
  94. 荒俣宏「帝都物語2 魔都篇」挿絵(カドカワノベルズ)1985年
  95. 荒俣宏「帝都物語2 魔都篇」挿絵(カドカワノベルズ)1985年

・復之巻(右開き)

  • (エッセイ)ミナミゾウアザラシの楽園/丸尾末廣
  • (漫画)色彩間苅豆
  • (下絵1)『身毒丸2000』ポスター・デッサン、2000年
  • (下絵2)『邪宗門』ポスター・デッサン、2005年
  • (下絵3)ASSFORT『FREE PUNK CUSTOMIZE KIT 』CDジャケット用イラスト・デッサン、2001年
  • (下絵4)『スターリン・トリュビュート・アルバム』CDジャケット用イラスト・デッサン、2001年
  • (下絵5)『大山デブ子の犯罪』ポスター・デッサン、2004年
  • (下絵6)『個性派ブレンド~純情・情熱篇』CDジャケット用イラスト・デッサン、2003年
  • (エッセイ)丸尾末廣-偉大な日本のオリジナル/ジョン・ゾーン
  • (エッセイ)恐怖の残像-丸尾末廣のために-/四方田犬彦
  • (エッセイ) ネオ・シュールリアリストとしての丸尾末廣/マッド・ジョージ
  • (エッセイ)高畠華宵先生と語る宵/丸尾末廣

werdna について

初めましてwerdna(ワードナ)です。漫画作品や漫画本との出会いや思い出、読んで感じた事など書いております。2000~2009年まで「漫画の館」「丸尾マニア」などのサイトを公開していましたが、2010年に閉鎖しました。以前サイトに掲載していた漫画の感想などもブログに更新しようと思います。作品の紹介や論評になっていないものばかりで、作品を知らない方には意味不明な文章になっていると思いますが読んで頂けたら幸いです。
カテゴリー: 丸尾末広, 丸尾末廣 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中