星野之宣「ムーン・ロスト」

『ムーン・ロスト』はSF作品としての面白さもさることながら人間の本質を深く考えさせてくれる作品です。この作品では月に限らず家族や大国の威信など多くのものを人々は失う事になります。人は元々持ち合わせていないものを欲するより、失ったものを取り戻したいと思う気持ちのほうが強いのです。何に対しても当たり前ではないのだと考えればもっと大切に出来るのかもしれません。(2004年8月1日「漫画の館」より)

ムーン・ロスト 第1巻
集英社 ヤングジャンプ愛蔵版
1巻2004年7月23日初版発行



<他の巻の書影>

ムーン・ロスト 第2巻
2巻2004年7月23日初版発行


広告

werdna について

初めましてwerdna(ワードナ)です。漫画作品や漫画本との出会いや思い出、読んで感じた事など書いております。2000~2009年まで「漫画の館」「丸尾マニア」などのサイトを公開していましたが、2010年に閉鎖しました。以前サイトに掲載していた漫画の感想などもブログに更新しようと思います。作品の紹介や論評になっていないものばかりで、作品を知らない方には意味不明な文章になっていると思いますが読んで頂けたら幸いです。
カテゴリー: 星野之宣 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中