西岸良平「魔術師」

とにかく西岸さんのSF・ミステリー作品は面白い。残酷で不条理なお話も多いのですがこの絵柄の為か嫌悪感を持つ事無く素直に愉しめます。この本で私が特にお薦めしたい作品は『幻影の街』です。人は非日常的な事に恐れ驚きますが、真の恐怖は日常の中にあります。普通で在ろうとする事や目立たないようにひっそりとしている事が、むしろ異質さを際立たせるのだと『幻影の街』を読むと気づかされます。(2000年5月8日「漫画の館」より)

魔術師
双葉社 アクション・コミックス
1979年6月10日初版発行



<収録作品>
魔術師

  • 新生活読本
    1. 流星王子
    2. 恐怖の標本人間
    3. 魔術師
    4. ジキル博士とホンダ氏
    5. たたり
    6. 宝さがし入門
    7. 伊賀の闇丸
    8. 謎の試験管ベビー
    9. 転落の詩集
    10. サバイバル
  • SFシリーズ
    1. TOOLS(ツールス)
    2. 地球の黙示録
    3. 春夜怪
    4. 地には平和
    5. 幻影の街

広告

werdna について

初めましてwerdna(ワードナ)です。漫画作品や漫画本との出会いや思い出、読んで感じた事など書いております。2000~2009年まで「漫画の館」「丸尾マニア」などのサイトを公開していましたが、2010年に閉鎖しました。以前サイトに掲載していた漫画の感想などもブログに更新しようと思います。作品の紹介や論評になっていないものばかりで、作品を知らない方には意味不明な文章になっていると思いますが読んで頂けたら幸いです。
カテゴリー: 西岸良平 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中