大友克洋「AKIRA」

久しぶりに『アキラ』を読み返した。気が付くと何時間もたっていた。もう何十回と読んでいるのに何故かこの作品は読者に早読みを許さない。1巻が発売された当時、1冊1000円の新刊を購入し急いで家に帰り食い入るように一コマ一コマ読んだ。作品から伝わるエネルギーが凄まじく、更に読者にも多くのエネルギーを消費させる作品です。画力、表現力、何もかもが圧倒的でした。

AKIRA 第1巻
講談社
1巻1984年9月21日初版発行



<他の巻の書影>

AKIRA 第2巻
2巻1985年9月4日初版発行

AKIRA 第3巻
3巻1986年9月1日初版発行

AKIRA 第4巻
4巻1987年7月10日初版発行

AKIRA 第5巻
5巻1990年12月11日初版発行

AKIRA 第6巻
6巻1993年3月23日初版発行


広告

werdna について

初めましてwerdna(ワードナ)です。漫画作品や漫画本との出会いや思い出、読んで感じた事など書いております。2000~2009年まで「漫画の館」「丸尾マニア」などのサイトを公開していましたが、2010年に閉鎖しました。以前サイトに掲載していた漫画の感想などもブログに更新しようと思います。作品の紹介や論評になっていないものばかりで、作品を知らない方には意味不明な文章になっていると思いますが読んで頂けたら幸いです。
カテゴリー: 大友克洋 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中