つげ忠男「昭和御詠歌-つげ忠男選集Ⅱ」

美しい思い出はあっても実際はそれほどではなく、事実は決して明るく希望に満ちてはいない。つげ忠男作品を読むとそんな事を考えてしまします。実兄のつげ義春氏が少年時代を描いた『海へ』『やもり』は辛い生活の中にも美しさや懐かしさが滲み出ています。しかし忠男氏が少年時代を描いた『昭和ご詠歌』から感じるのは絶望です。早く大人になりたいと願って暮らしていた子どもの頃を思い出します。(2000年10月14日「漫画の館」より)

昭和御詠歌-つげ忠男選集Ⅱ
北冬書房
1995年4月1日初版発行



<収録作品>

  • 昭和御詠歌-つげ忠男選集Ⅱ
    • 昭和御詠歌
    • 雨季(Ⅰ)
    • 雨季(Ⅱ)
    • 雨季(完)
    • 青岸良吉の敗走
    • 青岸良吉の死
    • カマの底

広告

werdna について

初めましてwerdna(ワードナ)です。漫画作品や漫画本との出会いや思い出、読んで感じた事など書いております。2000~2009年まで「漫画の館」「丸尾マニア」などのサイトを公開していましたが、2010年に閉鎖しました。以前サイトに掲載していた漫画の感想などもブログに更新しようと思います。作品の紹介や論評になっていないものばかりで、作品を知らない方には意味不明な文章になっていると思いますが読んで頂けたら幸いです。
カテゴリー: つげ忠男 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中