浦沢直樹「PLUTO(プルートゥ)」

手塚治虫の『鉄腕アトム-地上最大のロボット』をリメイクした作品です。この作品の連載開始を知り期待する一方で「焦らし、勿体振り、原作の十倍くらいの頁数で引き延ばすのだろう」と穿った見方もしていました。しかし終わってみると頁数に見合った充実した作品であったと思います。年のせいか涙腺が緩みっぱなしでロボットが破壊される度に泣いてしまいました。普段は表情と感情を隠し旧式のロボットのように暮らしている私ですが漫画を読んでいる時だけは素直に感情を表せます。

PLUTO(プルートゥ) 第1巻
双葉社 アクションコミックス
2004年11月1日初版発行
全8巻



広告

werdna について

初めましてwerdna(ワードナ)です。漫画作品や漫画本との出会いや思い出、読んで感じた事など書いております。2000~2009年まで「漫画の館」「丸尾マニア」などのサイトを公開していましたが、2010年に閉鎖しました。以前サイトに掲載していた漫画の感想などもブログに更新しようと思います。作品の紹介や論評になっていないものばかりで、作品を知らない方には意味不明な文章になっていると思いますが読んで頂けたら幸いです。
カテゴリー: 浦沢直樹 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中