高橋葉介「夢幻紳士」

『夢幻紳士 マンガ少年版』と呼ばれている夢幻紳士シリーズの原点となる作品集です。舞台は昭和初期の帝都、猟奇事件に少年探偵『夢幻魔実也』が挑むという乱歩好きには堪らない要素が詰まった作品です。毛筆で描かれる独特な絵柄と葉介さんお得意のブラックジョークが魅力的です。後に描かれた冒険活劇篇や怪奇篇などの作品も好きですがリアルタイムに『マンガ少年』を読んでいた世代としてはこの当時の線に一番思い入れがあります。

夢幻紳士 マンガ少年版
朝日ソノラマ
1983年3月25日初版発行



<収録作品>
夢幻紳士 マンガ少年版

  • (イメージ・ボード)
  • (絵物語)遊鬼塔の怪人
  1. 顔泥棒
  2. 使い魔の壷
  3. 青蛇婦人
  4. 夢幻少女
  5. 案山子亭
  6. 亜里子の館

広告

werdna について

初めましてwerdna(ワードナ)です。漫画作品や漫画本との出会いや思い出、読んで感じた事など書いております。2000~2009年まで「漫画の館」「丸尾マニア」などのサイトを公開していましたが、2010年に閉鎖しました。以前サイトに掲載していた漫画の感想などもブログに更新しようと思います。作品の紹介や論評になっていないものばかりで、作品を知らない方には意味不明な文章になっていると思いますが読んで頂けたら幸いです。
カテゴリー: 高橋葉介 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中