萩尾望都「マージナル」

“ここは哀れな世界。ここはマージナル。男ばかりの不毛の世界”
『マージナル』を読んでいろいろと考えます。子供が生まれない世界は不毛なのかな?人は子孫を残す為に生きているのかな?異性や子を想う気持ちは自分の遺伝子を未来に残す為に芽生える打算的な感情なのかな?愛と呼ばれる全てのものは本能に支配されているのかな?何の見返りもなく未来に何も残らなくても誰かを愛せるのかな?この作品の中で子孫を残す事を禁じられた男は愛情以外の全てを恋人に差し出します。彼が誰にも与えられなかった愛こそが純粋な愛情であったと思いたい。

マージナル 第1巻
小学館 プチコミックス
1巻1986年7月20日初版発行



<他の巻の書影>

マージナル 第2巻
2巻1987年2月20日初版発行

マージナル 第3巻
3巻1987年4月20日初版発行

マージナル 第4巻
4巻1987年10月20日初版発行

マージナル 第5巻
5巻1987年11月20日初版発行


<収録作品>
マージナル

  • 1巻
    • プロローグ ホウリ・マザ
    • 第1話 迷い子
    • 第2話 アシジンの岩屋
    • 第3話 二九九九-現在
  • 2巻
    • 第4話 漆黒の森
    • 第5話 図書の家の夜鳴鳥
    • 第6話 花石榴の村
    • 第7話 双頭
    • 第8話 レクイエム
  • 3巻
    • 第9話 イワンの研究について
    • 第10話 死霊
    • 第11話 受胎告知
    • 第12話 夢の子供No.151
    • 第13話 ヘビじじいとヘビ男
  • 4巻
    • 第14話 星と炎
    • 第15話 狩人
    • 第16話 えもの
    • 第17話 アシジンとマルグレーヴ
    • 第18話 最後の晩餐
  • 5巻
    • 第19話 ハレルヤ
    • 第20話 暗示
    • 第21話 洪水
    • 第22話 境界の果て
    • エピローグ ホウリ・ナイト

広告

werdna について

初めましてwerdna(ワードナ)です。漫画作品や漫画本との出会いや思い出、読んで感じた事など書いております。2000~2009年まで「漫画の館」「丸尾マニア」などのサイトを公開していましたが、2010年に閉鎖しました。以前サイトに掲載していた漫画の感想などもブログに更新しようと思います。作品の紹介や論評になっていないものばかりで、作品を知らない方には意味不明な文章になっていると思いますが読んで頂けたら幸いです。
カテゴリー: 萩尾望都 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中