高橋葉介「腹話術」

葉介さん初の単行本です。収録されている短編作品はコミカルからシリアスまでと様々です。そして読み終わった後に少しだけ優しい気持ちになれます。表題作の『腹話術』は童話のように美しく堪らなく切ないお話です。主人公は腹話術で自らを励まし奮い立たせます。でも励ます者がずっと己だけならば人は生きる事が辛くなります。主人公を励ます言葉は全て腹話術だったのかな?私は人の励ましを素直に受けていただろうか。『アーメン』の台詞が心にこだまします。

腹話術
朝日ソノラマ サンコミックス
1979年4月20日初版発行



<収録作品>
腹話術-ヨウスケの奇妙な世界PART1

  • キツネが原
  • 運命の花
  • カメレオン
  • 不発弾
  • 追跡行
  • 腹話術
  • 死人街奇譚
  • 遊介の奇妙な世界
  • 墓掘りサム
  • ミルクがねじを回す時

広告

werdna について

初めましてwerdna(ワードナ)です。漫画作品や漫画本との出会いや思い出、読んで感じた事など書いております。2000~2009年まで「漫画の館」「丸尾マニア」などのサイトを公開していましたが、2010年に閉鎖しました。以前サイトに掲載していた漫画の感想などもブログに更新しようと思います。作品の紹介や論評になっていないものばかりで、作品を知らない方には意味不明な文章になっていると思いますが読んで頂けたら幸いです。
カテゴリー: 高橋葉介 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中