吉田光彦「エンドレス・パズル」

虫の気配を感じさせる作品を描く漫画家がいる。丸尾末広さんと吉田光彦さんである。丸尾作品には蛆虫や蟻などの生命力を感じる虫が潜んでいる。一方、吉田作品には蝶、蝉、トンボ、カブトムシなどの昆虫が潜んでいる。吉田さんの描く成虫はとても美しい。それは儚いものが持つ美しさであり、少年や少女の期間限定の美しさもこの類だと思う。『エンドレス・パズル』に収録された作品にも線香花火のような美しさを持った虫たちが描かれている。

エンドレス・パズル
河出書房新社 カワデ・パーソナル・コミックス
1986年12月18日初版発行



<収録作品>
ペダルに足がとどく日

  • ハッピーエンド
  • ある死
  • 迷い路地
  • 抒情的少女抄/原作・岸田理生
  • サーカス小唄/原作・岸田理生
  • 球形ノ街
  • ブルマをはいた少女/原作・笹原茂朱
  • (解説)吉田さんとの共作と作品について/岸田理生
  • (解説)雪のイメージ/高橋克彦

広告

werdna について

初めましてwerdna(ワードナ)です。漫画作品や漫画本との出会いや思い出、読んで感じた事など書いております。2000~2009年まで「漫画の館」「丸尾マニア」などのサイトを公開していましたが、2010年に閉鎖しました。以前サイトに掲載していた漫画の感想などもブログに更新しようと思います。作品の紹介や論評になっていないものばかりで、作品を知らない方には意味不明な文章になっていると思いますが読んで頂けたら幸いです。
カテゴリー: 吉田光彦 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中