手塚治虫「メタモルフォーゼ」

『メタモルフォーゼ』は変身をテーマに描かれた短編作品集です。子どもの頃『ザムザ復活』を読んでは非力な自分は芋虫のような存在で早く成虫になって力を得たいと願っていました。その為なら『ウオビット』の人狼に噛まれても『聖なる広場の物語』の聖な砂を浴びても構わない。早く大人になって力を得たら『すべていつわりの家』から離れるのだ。私はそんな妄想を四六時中しているような小学生でした。

メタモルフォーゼ
講談社 手塚治虫漫画全集88
1977年9月20日初版発行



<収録作品>
メタモルフォーゼ

  • ザムザ復活
  • べんけいと牛若
  • 大将軍 森へ行く
  • すべていつわりの家
  • ウオビット
  • 聖なる広場の物語
  • おけさのひょう六

広告

werdna について

初めましてwerdna(ワードナ)です。漫画作品や漫画本との出会いや思い出、読んで感じた事など書いております。2000~2009年まで「漫画の館」「丸尾マニア」などのサイトを公開していましたが、2010年に閉鎖しました。以前サイトに掲載していた漫画の感想などもブログに更新しようと思います。作品の紹介や論評になっていないものばかりで、作品を知らない方には意味不明な文章になっていると思いますが読んで頂けたら幸いです。
カテゴリー: 手塚治虫 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中