高橋葉介「腸詰工場の少女」

題名を見た瞬間に結末が想像できそうな表題作。そして主人公の不幸そうな顔を見た瞬間、想像は確信に変わり、最後まで読んで吹き出しました。私は鬼畜でしょうか?

腸詰工場の少女
東京三世社 マイコミックス
1982年8月10日初版発行



<他の版の書影>

腸詰工場の少女 ソフトカバー版
1985年5月10日発行


<収録作品>
残酷流血地獄絵図禁断醒書 腸詰工場の少女

  • 腸詰工場の少女
  • ここに愛の手を
  • しらべ
  • 雨乞い
  • 魔女の右腕
  • SCYLLA
  • 無題
  • 顔がない
  • お客様
  • 骨笛
  • 義眼物語

広告

werdna について

初めましてwerdna(ワードナ)です。漫画作品や漫画本との出会いや思い出、読んで感じた事など書いております。2000~2009年まで「漫画の館」「丸尾マニア」などのサイトを公開していましたが、2010年に閉鎖しました。以前サイトに掲載していた漫画の感想などもブログに更新しようと思います。作品の紹介や論評になっていないものばかりで、作品を知らない方には意味不明な文章になっていると思いますが読んで頂けたら幸いです。
カテゴリー: 高橋葉介 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中