吉田光彦「ばく食え」

吉田光彦さんの14年ぶりの作品集です。只々「お帰りなさい」と言いたい。本作品集に収録されている短編作品は全て高橋克彦さんの小説をコミカライズしたものです。吉田さんは長い間、高橋克彦作品の挿絵を担当されているので相性は抜群に良いです。挿絵を描くイラストレーターの中でも漫画を描いてきた絵師の挿絵は何処となく違った味わいがあります。それは一枚絵に連続画の魅力を感じてしまうのです。そしてこの作品集には一枚絵と連続画の魅力の両方が凝縮されています。

ばく食え
祥伝社 祥伝社文庫
2004年10月20日初版発行



<収録作品>
ばく食え

  • おそれ
  • 鏡台
  • ばく食え
  • 匂いの記憶

広告

werdna について

初めましてwerdna(ワードナ)です。漫画作品や漫画本との出会いや思い出、読んで感じた事など書いております。2000~2009年まで「漫画の館」「丸尾マニア」などのサイトを公開していましたが、2010年に閉鎖しました。以前サイトに掲載していた漫画の感想などもブログに更新しようと思います。作品の紹介や論評になっていないものばかりで、作品を知らない方には意味不明な文章になっていると思いますが読んで頂けたら幸いです。
カテゴリー: 吉田光彦 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中