高橋葉介「夢幻紳士-怪奇編」

シリーズ第三弾で遂に青年の夢幻魔実也が登場します。掲載誌の『メディウム』を手にして「こんな夢幻紳士を待っていた」と感激した事を思い出します。この作品にはこれまでの葉介作品とは異なる“色気”や“艶”があります。そして怖さよりも優しさを、狂気よりも愛を感じてしまう作品です。

夢幻紳士(怪奇篇) 第1巻
徳間書店 アニメージュコミックススペシャル
1巻1986年11月20日初版発行



<他の版の書影>

夢幻紳士(怪奇篇) 第2巻
2巻1987年9月30日初版発行

夢幻紳士(怪奇篇) 第3巻
3巻1989年3月30日初版発行


<収録作品>
夢幻紳士(怪奇編)1巻

  • 幽霊船
  • 老夫婦
  • 吸血鬼
  • 幽霊夫人
  • 首屋敷
  • 針女

夢幻紳士(怪奇編)2巻

  • 木精
  • サトリ
  • 夢魔
  • 昇降機
  • 蜘蛛
  • 半人形

夢幻紳士(怪奇編)3巻

  • 花火
  • 夜会
  • 人形地獄
  • 遠い道

広告

werdna について

初めましてwerdna(ワードナ)です。漫画作品や漫画本との出会いや思い出、読んで感じた事など書いております。2000~2009年まで「漫画の館」「丸尾マニア」などのサイトを公開していましたが、2010年に閉鎖しました。以前サイトに掲載していた漫画の感想などもブログに更新しようと思います。作品の紹介や論評になっていないものばかりで、作品を知らない方には意味不明な文章になっていると思いますが読んで頂けたら幸いです。
カテゴリー: 高橋葉介 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中