萩尾望都「萩尾望都作品集 なのはな」

丁度1年前、被災地に暮らす両親の安否に不安を感じながら、私は萩尾望都さんの『春の小川』を読んでいた。そして今日、また萩尾望都作品を読んでいる。あの日からずっと私は迷っている。力が弱まれば他者に奪われ、力を得れば自ら失う事となる。収録作品『雨の夜』で描かれているように私たちは”伯爵”と一緒に生きることを余儀なくされている。もう戻れないのだろうか?あの日から”絶対”と言う言葉が消えてしまった私の心は今も揺らいでいる。

萩尾望都作品集 なのはな
小学館 フラワーコミックススペシャル
2012年3月12日初版発行



<収録作品>

  • なのはな
  • プルート夫人
  • 雨の夜-ウラノス伯爵-
  • サロメ20××
  • なのはな-幻想『銀河鉄道の夜』

広告

werdna について

初めましてwerdna(ワードナ)です。漫画作品や漫画本との出会いや思い出、読んで感じた事など書いております。2000~2009年まで「漫画の館」「丸尾マニア」などのサイトを公開していましたが、2010年に閉鎖しました。以前サイトに掲載していた漫画の感想などもブログに更新しようと思います。作品の紹介や論評になっていないものばかりで、作品を知らない方には意味不明な文章になっていると思いますが読んで頂けたら幸いです。
カテゴリー: 萩尾望都 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中